​デービット ボネット 経歴

2001年にマサチューセッツ工科大学の経営学修士号、ハワイ大学で優秀賞と共に経済学士号を取得。

不動産・リート・ゲーム・アミューズメント・ホテル経営・カジノ併設ホテルにおけるエキスパート。現在にいたるまで様々な管理職を経験。

 

20代はバンクオブアメリカ(メリルリンチ證券)、ブラックポイントではリゾート・ホテルにたいしエバリュエーションやアセットマネジメントのアドバイザリーを担当。Kapalua Resorts・Makena Resorts・Princeville・Ko Olina Resort・Meridian Pacific。

 

30代からアジア売上3位のギャラクシーエンターメントでストラテジック プランニングチームのバイスプレジデントとして会社経営・財務に関わる。

2011年から現在に至るまで米国・ラスベガスサンズのマカオべースSands China LtdのExecutive Director。世界最大のホテルVenetian, Conrad, Holiday Inn, St. Regis, Sheraton, Four Seasonsとthe Parisianの ホテル経営・事業開発・分析・財務・カジノ併設ホテル経営・戦略的提携を管掌。

 

趣味はゴルフ・テニス・マラソン・サーフィン・登山。

 

スペイン語と日本語が得意。